活動予定

ワークショップ開催(オンライン/2022年8月3日)

セカイの日本語〜みんなの声〜:日本語使用者の多様な言語、文化、社会的経験から教員、保護者が学べる事

World Japaneses: Voices from Around the Globe: What can we learn from the diverse Japanese language users’ various linguistic, cultural and social experiences?

このワークショップでは、様々な背景を持つ日本語使用者のインタビューを共有しながら、どのように多様な「こえ」を聞き、私たち日本語教員や日本語育児に励む者、そして、研究者がその多様性について理解を深め、より充実した実践ができるのか参加者のみなさまと一緒に意識を高め合える機会を作りたいと思います。授業にその「こえ」をどのように応用できるのか、日常生活のふとした親子の会話、日本語学校での経験を実り豊かなものにしていけるのかなど、少人数で話せるようBreakout roomも使用しながら、みなさんで意見交換をしましょう。

なお、本ワークショップは、日本語教育グローバルネットワークプロジェクトとして、カナダ日本語教育振興会がヨーロッパ日本語教師会と2016年から本年8月まで実施してきたプロジェクト「セカイの日本語〜みんなの声〜」(https://sekainonihongo.com/を通して得られたデータを利用します。

This workshop provides an opportunity to 1) understand diversity within Japanese language users, and 2) raise our awareness to provide better teaching practices through listening to various Japanese language users. Japanese language educators, parents who raise their children in Japanese, and researchers are encouraged to participate to share their opinions and exchange ideas of how we can apply the “voices” of Japanese language users to our everyday practices in the context of each participant. Breakout rooms will be set up for discussion in smaller groups!

This workshop will use the data from the project(https://sekainonihongo.com/)that was part of the Global Network for Japanese Education from 2016 to 2022. This is a joint project between the Canadian Association of Japanese Language Education and Association of Japanese Language Teachers in Europe.

講師

サイモンフレイザー大学、教育学部、カリキュラム理論・実践学科にて博士課程取得。多言語、複言語を話す学生の学術、トランスナショナル、社会文化的アイデンティティの形成、日本語教育、継承語教育、質的リサーチなどの分野に興味あり。25年間日本語教育に携わり、オーストラリアでは小学生、日本では地域に在住する大人の方、カナダでは大学生に指導してきた。現在、カールトン大学にて教鞭をとる。また、二人の子供のカナダでの日本語育児で忙しい毎日を送っている。

Hisako Hayashi holds a Ph.D in the Department of Curriculum Theory and Implementation in Education at Simon Fraser University. Her research interests include multilingual and plurilingual students’ academic, transnational and sociocultural identity construction, Japanese language education (curriculum, instruction, and pedagogy), heritage language education, and qualitative research. She has been teaching Japanese for 25 years to primary school children, immigrants, and university students in Australia, Japan, and Canada. She currently teaches Japanese at Carleton University. She is also busy raising two children speaking Japanese in Canada.